年間休日が多い職種

離職率の高さが新聞やニュースで度々話題になる介護業界。
職員だって本当なら辞めたくないのが本音です。
私も介護業界で働いていますが、離職率はすごく高い。
初めて働いた職場では毎月誰かが入れ替わっている状態で、慢性的に求人を募集していました。
転職を考えた時、「辞める理由」をしっかりと持つ事が、次の職場選びでとても役に立ちます。
介護業界で転職する際、必ずしてほしいのが施設の見学。
私の場合、職員同士の人間関係が辞める理由にあったので、施設の説明を受けながらも職員の動きを細かくみました。
各年代の職員が働いていることや、雰囲気の異なる職員が働いていることも重要だと思います。
同じ年代の職員ばかりの施設では、偏った考え方や発言力の強い職員の意見に引っ張られる傾向があります。
介護の仕事は「その人らしさ」を引き出す仕事なので、多様性のある職員が必要だと考えています。
面接の時に見てほしいのは面接官のやり取り。
上下関係のある面接官が良い関係であることは、その後自分が働いた時に同じ関係が作れる可能性があるからです。
面接の際、施設長一人が面接官である場合がありますが、こういう施設はお勧めしません。
求人が出ていなくても、電話をすると募集をしている事業所はたくさんあるので、見学をして働きたいと思ったら連絡してみましょう。
あなたの目であなたにあった職場を選んでくださいね。